取扱説明書  ▼「読み物」  イラスト展示場  小話と生態  トップ頁  サイト入口  



モンスターハンター カシワの書(27)

 BACK / TOP / NEXT




「……え?」

痛みは、降ってこなかった。代わりに周囲が白く染まる。視界がぱちぱちと霞み、クリノスは思わず目を細めていた。
仰ぎ見た先、尻尾を振りかざしながら滑ってきたタマミツネは、クリノスとはまるで逆の方角を見上げてもがいている。
両脚をばたつかせ、仰向きになったまま苦鳴を上げている――チャンスだ、クリノスはすかさず両手で泡を払い落とした。
足元はまだ少し滑ったが、武器を抜くには十分すぎる。あらかたの泡を落とし、改めて双剣を抜き、急ぎ駆け寄った。
豊かな毛量の尻尾は、攻撃力といい滑液の活性化ともども厄介極まりない。鬼人化を纏い、ひたすら毛先に斬りかかる。
たまったものではない、そう言いたげにタマミツネは体勢を整えるや否や、滑液に身を任せて疾走した。
隣のエリアは魚釣りのポイントもある河川区域。滑液に濡れた刃を砥石で研ぎながら、クリノスは短く息を吐く。

(水に泡を溶かしたら……もっと泡立ちが広がるようになるよね、きっと)

ぱしゃ、と滑液を踏む音がした。武器を納め、クリノスが顔だけを上げると、暗がりの中に己以外の人影が浮かび上がる。
屈んだままのクリノスとその影を、リンクがきょとんとした顔で見比べた。
クリノスに驚いた様子はない。むしろ、何者かがタマミツネの攻撃を妨害したことは閃光玉の発光で気付けていた。
現れたのは女だった……双方、どちらも似たり寄ったりの年の頃。
クリノスが狩人らしい勇猛さと賢さをにじませた面立ちだと言うなら、相手はどこかあどけなさを残す顔だと言える。
松葉色の髪に同色の瞳、眠そうな半開きの目を更に細めて、女はクリノスにそっと手を差し伸べた。

「昔からさあ、調合分の閃光玉とか粉塵とか。持ち込むの好きだったよね」
「そう。なんていうか、癖……みたいなものだから」

クリノスは応えるように、狩人にしてはやや色の白い部類であろう細い手を取る。
立ち上がりながら、頬に残っていた泡をグローブで拭った。分かっていた、というように腕組みをしてうんうん頷く。
女は背負っていた武器のズレを直してクリノスに向き直った。変にまめな性格は、出会った頃から変わっていない。

「久しぶりじゃない? 鬼畜のブラキ二頭狩り以来だっけ。元気にしてた、『ステラ』」
「クリノスこそ。相変わらずハンターやってるみたいで、良かった」
「……旦那さん。知り合いなんですかニャ?」

片や双剣使い。片や狩猟笛使い。振り向いたクリノスの顔は、カシワやユカの知らない子供じみた満面の笑みだった。

「昔、タンジアの港やモガ近郊で狩りし始めた頃の『相棒』。たぶん、リンクより、少し長いつきあいになるかなー」

今現在のオトモに旧友を紹介しながら、クリノスはどこか誇らしげに胸を張っている。
当時のことを思い描いているのか、細めた両目が笑っていた。
同じく、彼女に釣られてか背負っていた蒼色の綺麗な狩猟笛を小さく揺らし、笛吹きはかすかに微笑む。
隣のフィールドから泡狐竜の高い咆哮が聞こえてきたのは、それからすぐのことだった。
旧友と月見をしながらのんびり談笑、というわけにはいかないようだ――二人と一匹は頷き合い、小走りに先を急ぐ。

「ところで、ステラ。なんでここに?」
「今さっき、ユクモ村に渓流住まいのアイルーたちから報告が上がったの。『泡狐竜が現れた』って。それの調査をね」

かつてカシワが迅竜と対峙し、午前にはクリノスがリオレイアを捕獲した河川区域、エリア六。
釣り場のある滝の入り口付近で、タマミツネはしなやかな体を揺らめかせながら周囲に警戒の目を向けていた。
狩人たちの姿を見て、彼はやはり甲高い威嚇を発声する。狩りの最中だが、クリノスはその容姿にうっとりと目を細めた。

「……やっぱり、綺麗だよねー」
「クリノスがハンターを目指したきっかけって、タマミツネだもんね」
「そうなんですニャ? 知らなかったですニャー」
「リンクには話してなかったもんねー。昔だよ、わたしがずっと、ちっちゃかった時のこと」
「二人とも。狩り……再開するよ」

手の中で閃光玉を弾ませながら、ステラが一歩前に出る。感嘆の息を吐き、それでもクリノスも双剣を抜刀した。
目配せは一瞬。駆け出したクリノスに合わせ、閃光玉の光が爆ぜる。のけぞる泡狐竜に二振りの刃が叩きつけられた。
細く高い苦鳴を喉から迸らせ、タマミツネはそれでもたたらを踏む。鉤状の爪を川底に突き立て、その場に踏みとどまる。
頭部に猛攻を続けていたクリノスは、不意に一歩下がった。リンクに目配せをし、彼を連れ流れるように胴体へ向かう。
彼女と入れ違いで、笛吹きが強く一歩を踏み出す。抜刀された狩猟笛は、磨かれた甲殻と鱗が濡れたように輝いていた。

「ステラ! 頭、よろしく!」
「うん」

二の腕がぐんと力を溜め、笛の先端が下方から持ち上げられる。
烈風のような鋭い振り上げ、先端はそのまま宙で円を描き、タマミツネの頭部に直撃した。
泡狐竜の口から、微かに唾液が吹き出す。打撃攻撃の余波でのけぞるその頭に、今度は右下から鈍器が振り上げられた。
打撃武器による猛攻。クリノスが尻尾を斬りつけている間、ステラはひたすらタマミツネの上体周りに張りつく。
怯み続ける竜に対し、狩人たちは息つく間もなく攻撃を加えた。軸がずれれば双方瞬時に立て直し、攻撃を再開する。
ブーメランを投げる動作の合間、リンクは二人の息が本当に合っていることに知らず小さく息を呑む。

(本当なんですニャ。旦那さんは本当に、この人とずっと狩りをしていたのに違いないのニャ!)

二人が獲物を追いつめる様は、鬼神さながらだった。
刹那、タマミツネの体が横転する。頭を集中的に殴られた結果、彼の脳に蓄積されたダメージが気絶効果を発揮していた。

「クリノス。スタン取ったよ」
「チャーンスッ! リンク、行くよー!」
「了解ですニャー!」

目を回す泡狐竜に、なおもステラは頭部を殴り続け、クリノスは尻尾の付け根に鬼人強化した腕で双剣を振り下ろす。
そのときだ――ぶつん、とクリノスは手元に鈍い感覚を覚えた。その感覚は、長く双剣を使っていた身には馴染み深い。
双刃が川原すれすれに振り抜かれた瞬間、クリノスの眼前でタマミツネの豊かな尻尾が根元から弾け飛んでいく。
双剣が泡狐竜の尻尾を切断した――しっぽきって、やくめでしょ! ステラが小声で放つジョークに、狩人はかすかに苦笑。

「よっし!」
「尻尾、げっと」

ぱっと顔を輝かせる二人の横、悔しげに吹き飛ばされた自身の尾を睨むタマミツネ。
そのちょうど中間に立っていたリンクは、ふと岩場に通じるエリア二の入り口に一つの黒い影を見つけた。
短い四肢に、分厚い皮と短い体毛、二本の巨大な牙……片手を叩き合うクリノスとステラに、彼はあわあわと手を振る。

「旦那さん、ステラさん! ドスファンゴですニャ!!」
「え」
「げ、ほんとだ。もー、タイミング悪ぅ」

悪態をつくクリノスの言葉通り、ドスファンゴは狩人を見つけるや否や片足でざりざりと地面を引っ掻いた。
タマミツネなど眼中にないのか、大猪はそのまま突進を始める。度胸あるよなー、クリノスは短く口笛を鳴らした。
泡狐竜との実力差など、猪突猛進を習性とする彼にはまるで関係ないのだろう。目も向けず直進する様は、圧巻だった。
滑液を泡立てるタマミツネの横を抜けるように、ドスファンゴは狩猟笛の演奏準備を進めたステラに疾走する。
旋律の発動はぎりぎり間に合った。さざ波に似た神々しい音色が響き渡り、辛うじて突進を避けたステラが小さく頷く。

「――『だるま無効』の旋律かけたよ。クリノス、どうする?」
「どうって……あー、どうしよー! こやし玉、持ってくるの忘れたしぃー!!」

片や、泡に身を任せ前に出るタマミツネ。片や、まるでお構いなしのドスファンゴ。狩人二人は悔しげに武器を納刀した。
二頭を同時に相手取るのは、さすがに厳しい。かといって、ここでタマミツネを逃すのはあまりにも惜しすぎる。
ステラの言う「どうする」とは、タマミツネの狩猟を続けるかどうか、という選択以外の何者でもない。
次にいつ会うことができるか……切断した尻尾以外の素材をみすみす見逃すのかと、クリノスは一人、脳内で逡巡した。

(でも、村に戻る時間もあるし)

泡狐竜に夢中になり、ドスファンゴに逃亡されてしまってはユクモ村で帰りを待つ村長やコノハに顔向けができない。
苦渋の選択だった――致し方なし、手のひらをぱたぱたと振り、クリノスはリンク、ステラに一時撤退の合図を送る。
歴戦のハンターとして、ここでメインターゲットを逃がすわけにはいかない。
そう、この場を皆で一度離れてしまえばドスファンゴもいずれ餌があるであろう別エリアに移動すると予測ができる。

「……うう……逆鱗」

去り際に、一度だけ、クリノスは視線だけをタマミツネにさっと送った。
心中知らずか、彼は首を左右に小さく振り、泡玉を宙に放ち攻撃の用意を整えつつある。
ステラに促され、やはり背後から追いかけてきたドスファンゴを誘導するように、クリノスは隣のエリアへ飛び込んだ。
刻一刻と、夜が更けつつあった。追ってきた大猪に向き直り、狩人たちは双方すぐに武器を抜く。

「いま、何針?」
「十五針。三時間もかかっちゃってるよ」

金時計の針から目を離し、クリノスは突進の予備動作を進めるドスファンゴに悔しげな目線を送った。
メインターゲットの討伐さえなければ……顔に出ていたのか、横からステラが肩に手を乗せてくる。
だって、そうむくれるクリノスに、仕方ないよ、旧友は困ったように小さく笑った。

「村長さんたちが、待ってる。早く戻ろう……つもる話もあるし、ね」
「……だね。村に着いたら、ゆっくり話そっか」

二人の後ろ、ブーメランを構えながらリンクは考えていた。
あのドスファンゴは早々に狩られてしまうんですニャ、と。駆け出した主人のやる気は、もはや隠されてすらいない――






「――あ。お帰りなさーい、ハンターさん。聞きましたよ、タマミツネが出たって!」
「コノハさん。……ハンター様、ご無事で何よりでしたわね。ドスファンゴの退治、助かりましたわ」

ドスファンゴの捕獲後。ユクモ村では早朝にも関わらず、村長とコノハがクリノスたちの帰還を待っていた。
二人の隣にはすでにマルクスも控えており、長丁場だったのか、彼は大きなあくびを連発している。
朝日の眩しさの中で、彼の頭が燦々と光を反射させていた。眺めるのも悪いと思ってか、ステラは顔を逸らしている。

「ちょっと、おっさん。眩しいよ」
「クリノス」
「何、ステラ。本当のことだし」
「おうさ……ううん、いやしかし。お疲れさんだな、お嬢ちゃん。泡狐竜なんざ、そう会えるもんでもないってのに」
「だよねー! あー。素材欲しかったなー」
「俺は、お嬢ちゃんの命の方を心配してたんだがなあ」
「え? 平気だし。なんともないよ、あれくらい」

変わらないクリノスの様子に村長はくすくすと微笑み、コノハはほっとした顔で小さく息を吐き、肩をすくめた。
……村の畑を荒らしていたブルファンゴの群れは、クリノスらがドスファンゴを捕獲した後、方々に散っていったという。
親玉が失せて統率が取れなくなったんだろう、マルクスがあくびをかみ殺しながら呟いた。
クリノスは大きく息を吐く。タマミツネは逃してしまったが、彼は今回、村に危害を加えずに立ち去ってくれたらしい。
大型モンスターの狩猟依頼のほとんどは、彼らがもたらす被害の拡大を未然に防ぐためのもの。
いずれにせよ、被害が最小限に留められたことには安堵するしかなかった。

「……一件落着だね。クリノス」
「そーだねー。さて、これからどうしよっかな」
「龍歴院のハンター様。先ほど、ベルナ村から伝書が届きましたの。そちらに向かわれてはどうでしょう」
「ベルナ村から?」
「ハンター様のご友人……例の黒髪のハンター様も合流なさるようですわ。なんでも、早急に集めて欲しいものがあるとか」

手紙には、採取にまつわる新規のクエスト依頼が記されている。難しい内容ではないはずだ、クリノスは目を瞬かせた。
とはいえ、別行動のカシワの状況も気になる。いつから自分は彼の保護者になったのだろう、知らずため息が漏れた。
これからどうする、クリノスはステラを見る。彼女も同じことを考えていたようで、松葉色の瞳と視線が重なった。
元より口数の少ない旧友は、小さく肩をすくめて見せるだけだった。お任せする、ということだろう。

「じゃ、わたしはベルナに戻るよ。おっさんはどうするの?」
「俺か? あー……うーん、帰ったところで、娘に怒られちまいそうだからなあ」
「ちょっと。子供じゃないんだから」
「いや、お嬢ちゃん。お嬢ちゃんは知らないからそう言えるんだよ。怒らせると怖いんだ、娘は嫁さんそっくりでなあ」
「はあ。そういうもの?」
「普段、怒らないやつほど怒ると怖いんだよ。お嬢ちゃんも気を付けな、狩りの方もな。無茶するんじゃないぞ」
「はいはい。じゃあね、マルクス。縁があったら、またね」
「おうさ。カシワの若人にも、よろしく伝えておいてくれ」

困ったようでいて、どこか照れくさそうに笑うマルクスをわずかに見上げ、クリノスはにひっと笑った。
そのまま手を軽く振って彼と別れ、クリノスは村長たちに見送られながら、リンクとともに飛行船乗り場に足を向ける。
葉を踏む音がした――振り向くと、無言でステラが着いてきていた。一緒に行く、と言いたげに彼女は頷いて見せる。

「古代林の方面に行くんでしょう? わたし、大地の結晶集めたいから」
「おっけーおっけー。『ハンターさん、しゅっぱ〜つ』!」
「……懐かしいね、それ」
「でしょー。あ、そうだ。ステラはカシワに会ったことなかったよね?」
「カシワ……誰?」
「うーん」

飛行船に乗り込みながら、クリノスは逡巡した。
今現在の相棒、といえばそれまでだが、ステラは人見知りをする方だと、過去に本人から自己申告されている。
果たして、カシワとうまく交流してくれるものだろうか……ちらと視線を送ると、旧友は言葉を待つように首を傾げていた。

(なるようになるかー)

なんでもない、首を振り、クリノスは床に座ったリンクに続いて手頃なサイズの木箱に腰を下ろす。
ステラは乗り込み口の近くに立ったままだった。その場から動こうとせず、ただこちらをじっと見ている。
彼女は何を考えているか分かりにくい上に、考え事を顔に出さないタイプだった。長いつきあいからそれは熟知している。
それでもクリノスは何やら物言いたげなこの友人に、なあに、と話をし始めるよう促していた。
マイペースが売りである彼女の表情が、珍しくひどく険しいものだったためだ。

「……クリノス、どうして『下位』装備のままなの。まさか、まだ下位ランクなの」

口を開くや否や、ステラは咎めるような言葉を吐き出した。物静かな口調だが、語気に厳しさがにじんでいる。
言われた意味が分からず、クリノスは一瞬言葉に詰まった。はっと我に返る頃には、旧友が靴音を立てて歩み寄ってくる。
ヤバい――思わずたじろぎ、小柄な体を見上げるも、いつもの脳天気そうな表情は影で隠されてしまっていた。

「クリノスは……下位でくすぶっているようなハンターじゃないでしょう。いったい、どうしちゃったの」
「いや、あの、ね、ステラ」
「このあたりにも、上位ハンターの助力を待っている人たちがいるんだよ。モガやタンジア港のこと……忘れてしまったの」
「いやあ……その、ね、とにかく、落ち着いて」
「落ち着いてる……わたしは、十分落ち着いてるよ。ただ、少し……悲しくなっただけ」

時折混ざる吐息には、呆れよりも落胆の色が強く出されている。クリノスは、仰け反ったまま乾いた唇を舌で濡らした。
普段怒らないやつが怒ると怖い――マルクスの言葉を反芻し、彼女はこの場にいないカシワを内心で呪った。

(だから、言わんこっちゃないのにっ! カシワェ)

クリノスの求める希少な素材は、確かに下位よりも上位クラスの方がより多く手に入れることができる。
しかし、彼女がこれまで上位クラスへの昇格に固執していたのは決してレアアイテムに魅了されていたからではない。

(忘れるわけ、ないでしょーよ)

生まれて初めて、本物の武器を手に持ち、着慣れぬ防具を身につけ、何も知らぬまま足を踏み入れたタンジアの港……。
かけだしのハンターであった頃のことを、クリノスは一度たりとも忘れたことがなかった。
ステラやそのオトモたちと出会い、駆け抜けためまぐるしい日々。多くの人に出会い、また、多くのモンスターを狩った。
下位クエストよりも強靭で、手ごわいモンスターが跋扈する上位クラス。それらに悩まされ、苦しめられる人々。
彼らを助け、ときには逆に励まされ、新米狩人だったクリノスは、友人とぼろぼろになりながらも狩りの技量を磨いた。
下位で余裕を見いだし、しかし上位昇格の後、強力なモンスターを前に、ステラともども自信をなくしかけたこともある。
……カシワの姿は、当時の自分と重なった。だからこそ、人助けと腕の向上だけに没頭する彼をもどかしく思う。
レアアイテム好き、は本当だ。しかし、それだけがクリノスの矜持ではないことをステラには知られてしまっている。
クリノスは、改めて眼前の友人を見上げた。気嚢の隙間から見える青空と交互に、彼女の切なげな表情が目に映る。
嘆息が漏れた。ステラが一瞬、肩をびくつかせる。首を振り、クリノスは思わず隣に立ち上がっていたリンクを撫でた。

「いま、わたしの相棒やってる奴が……カシワがね、まだ狩り始めたばっかで、危なっかしいの」

リンクの頭は撫で心地がいい。動揺していた気持ちが、少しずつ落ち着いていくのを感じる。
クリノスは、ステラにも横の木箱に腰を下ろすよう促した。しぶしぶといった体で、旧友はそれに従う。話を続けた。

「あのまま上位に連れてったら、危ないし。わたしだって、レアアイテム! 欲しいけどさ」
「……クリノスがレアアイテム好きなのは、モンスターの攻撃に耐えられる防具を磨くため、でもあるでしょう」
「いやあの、うん、そ、そうなんだけど。あの、いまは、その話は置いといて」

いざ真剣な顔で見つめられると、気恥ずかしくなってしまう。乱暴に咳払いをして、クリノスは空を仰いだ。

「いまは、まだね。焦ったって仕方ないし。それに、これでも発破はかけてるんだよー?」

下位クエストででさえ、逃げまどい、悲鳴を上げる――そんな新米狩人の姿は、いつまで見ることができるだろうか。
自分とて、今の実力を得るのに数年を要した。ステラもまた同じであるはずだ。焦るなと、クリノスは友人に笑いかける。
ステラは木箱の上で器用に膝を抱えた。逸らされた瞳は、飛行船の外に向けられている。

(おおかた、分かってくれてないんだろうけど)

彼女は、考えが読みにくい上に頑固だ――背負っていた双剣を抜き、手入れを進めながらクリノスは鼻歌をこぼした。
ベルナ村まで、そう時間はかからない。心地いい風が頬をくすぐった。





 BACK / TOP / NEXT 
 UP:21/11/07