取扱説明書  ▼「読み物」  イラスト展示場  小話と生態  トップ頁  サイト入口



目覚めの言葉(楽園のおはなし3章SS)


 BACK / TOP 




( song for you )


少し細めの、それでも男の骨ばった掌が十代半ばの少女の額にそっと触れた。

「君はこれから、天使として自覚することになる。そのための告知をするよ」

男の声はどこか懐かしい。
何度も夢で逢っていた。何度も微笑みあい、何度も手を繋ぎ、何度も名を呼び合った。
なのに、朝目を覚ませば切ない気持ちだけが胸を支配し、男の顔も声も名前でさえも忘れてしまう。
会いたいと焦がれた男。

「うん、大丈夫」
「……フロルとして生きたこの十六年間を……忘れてしまうかもしれないよ?」
「平気!」
「以前の君が、記憶が、その身体を支配してしまっても……かい?」
「うん!」

口元に弧を描き少女は答える。迷いなど何処にもない。

「そうか……じゃあ、始めようか」

男がそう呟くと、少女の額に触れる男の手に微かに熱が帯びる。
心地のいい温かさ。
それと同時に、少女の脳にたくさんの映像が一度に流れ込んでくる。


どこかの、花咲き誇る美しい庭園での二人きりのお茶会。
彼から貰った、首に下げている小さな可愛い香水瓶。
中身が無くなれば、部屋の窓際に並べて月明かりに照らし輝きを楽しんでいた。
瓶が空いたらそれにまた足してあげると言われたけれど、貰った物全てが嬉しくて、理由を付けて手離せなかった。

広い広い緑の草原。
二人並んで寝転んで、日がな一日青空を眺めてた。
冬になれば毎年、彼に似合う夜色の羊毛で新作のスカーフを編んでプレゼントしていた。
くだらない事で毎日笑ってた。


銀色の林檎。
彼ではない別の男。懐かしい、切ない、そんな気がした。唯一はっきりと見えない映像。


胸に空いていた大きな空洞が塞がったような気がした。

「ただいま、藍夜!」

(ウリエル様、お会いしたかったです)
(藍夜、ただいま! 約束守ってくれたね)
(はじめまして、夢で遇っていたぼくの大事な人)

「ただいま!!」


大切な君に贈る、「ただいま」の歌。
これから始まる、君と紡ぐ未来の物語のために。




 BACK / TOP 
 UP:13/12/18-ReUP:19/07/05